バルトレックスの画像

よく口唇ヘルペスに悩まされるという方はいらっしゃいませんか?しかも、治ったと思ったらまたしても再発する憎き悪魔!そんな時にはバルトレックス!口周り以外に性器ヘルペスにも使えるので、病院で恥ずかしい思いをしなくて済みますよ!

全身の水疱にバルトレックスがホームページで情報確認

ウイルスに感染して症状が悪化して行くのは、ウイルスのDNAが複製されて増殖して行くためで、治療薬として用いられているバルトレックスはDNAを複製を阻害させる働きがあります。ヘルペスウイルスに対抗するために処方されることが多く、帯状疱疹や水痘、単純疱疹のほか、性器ヘルペスの再発を抑えるときにも有効性があります。

帯状疱疹は発疹が出る前にピリピリした痛みを感じる人が多く、背中や腹、顔などにできやすい特徴があります。発疹から水疱に変化した様子は虫に刺されたときのようなふくらみがあり、その後は膿胞に移り次第に乾燥して行きかさぶたになります。バルトレックスは症状を感じてから3日以内に服用を開始すると有効的にウイルスの増殖を抑えることができて、悪化する可能性を少なくできます。服用するときには用量や用法を守って、服用中は水分を日ごろよりも多めに補給しておいた方が良いです。

子供のころにかかる水痘などは全身にできることが多く、放置していると熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症により重症化してしまうことがあります。錠剤だと子供は飲みにくいことがあるので、顆粒タイプを処方してもらうことも可能です。

ホームページにはバルトレックスの主成分やその有効性、効果が期待できるウイルスや症状についてなど細かく記載がされているので、医師の説明と合わせて熟読しておくと良いです。特に副作用の症状については個人差がありますし、吐き気や下痢などの症状がまれに出ることなど詳しく書かれています。高齢者の人や腎臓の働きが悪くなっている人は、服用に慎重になる必要があります。薬を飲んで全身の倦怠感やアレルギーの症状が出たときには、医師の診察を受けるべきです。