バルトレックスの画像

いざという時のバルトレックス

よく口唇ヘルペスに悩まされるという方はいらっしゃいませんか?しかも、治ったと思ったらまたしても再発する憎き悪魔!そんな時にはバルトレックス!口周り以外に性器ヘルペスにも使えるので、病院で恥ずかしい思いをしなくて済みますよ!

バルトレックスのヘルペスに対する効果

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどを患った時に、病院を受診すると処方されるのがバルトレックスです。早期に服用すれば高い効果を得られることから、ヘルペスウイルスが原因の病気の治療に幅広く使われています。バルトレックスがヘルペスウイルスに対して働く作用は、ウイルスの増殖を抑えることです。ヘルペスウイルスは感染すると体内にとどまり、免疫力の低下と共にウイルスが活性化して増殖を繰り返します。抗ウイルス薬であるバルトレックスには塩酸バラシクロビルと呼ばれる成分が含まれており、この成分は体内に取り込まれるとアシクロビルという成分に変化してウイルスの増殖を妨げます。それと同時にウイルスの不活性化にも作用するので、ヘルペスの症状が次第に改善されるのです。ただしバルトレックスの役割は、あくまでもウイルスの増殖を抑えるためのものです。残念なことではありますが、ヘルペスウイルスを死滅させるような薬はこれまでのところ開発されていません。ウイルスを死滅させることはできないということは、ウイルスが劇的に増殖してしまってからではバルトレックスを服用してもさしたる効果が期待できないということです。ですからヘルペスの症状をいち早く改善させたいのであれば、時間との勝負が重要になるのです。ヘルペスは口の周りや性器の周辺部に赤い発疹や水ぶくれのような症状がでるのが特徴です。したがってそのような症状を感じた場合は早めにバルトレックスを服用にしましょう。頻繁にヘルペスを発症している人の中には、何らかの前兆となる違和感を感じる人も多いので、予防的に服用しておくのも一つの方法です。最近はネット通販などでも手に入れることができるので、常備しておいても便利です。

バルトレックスならヘルペスはどれくらいで治る?

性器ヘルペスや口唇ヘルペスなど、ヘルペスウイルスが原因で起きるさまざまな病気の治療に使われているのがバルトレックスです。バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を早期に安定させてくれます。ただしこの薬はヘルペスウイルスを死滅させることはできないので、ウイルスが大量の増殖してしまってからでは大きな効果を期待することができません。したがって症状が現れた場合は、早期にバルトレックスを手に入れて服用することが大切になります。バルトレックスを医療機関からもらった場合、通常は5日間分が処方されます。ですから基本的には5日間この薬を服用し続ければ、ヘルペスの諸症状は改善することになります。もっとも薬の効き具合は人によって異なりますので、服用し始めてから3日程度で症状が治まってくることもあります。ですからバルトレックスは、比較的効果が早めに現れる薬だと言うことができるでしょう。ただし効果が現れたからといって、ヘルペスが完治したわけではありません。上記でも触れたように、バルトレックスはウイルスの増殖を抑えるための薬です。現在の医学をもってしても、ヘルペスウイルスを薬で死滅させることはできないのです。したがって症状が治まっても、ウイルスはまだ体内に存在しています。その状態で薬の服用を止めれば、再びウイルスが活性化してヘルペスの症状が再発する可能性もあるのです。もし3日程度で症状が改善した場合でも、必ず処方された日数分の薬はすべて服用しておくようにしましょう。なおバルトレックスは医療機関だけでなく、ネット通販などを通じても購入することができます。普段からバルトレックスを常備しておけば、いつ症状が現れてもすぐに対応できるので便利なのですが、なかには悪質な業者もいますので、信頼できるところから購入するようにしましょう。

バルトレックス服用時の注意について

ヘルペスの治療に広く使われるバルトレックス。非常に効果の高い薬ですが、その力を最大限に活かすためには服用方法にも注意が必要です。特にヘルペスの治療は時間との闘いです。薬を飲み始めるタイミングは非常に重要になります。ヘルペスウイルスはこのバルトレックスでも死滅させることはできません。現代の医学では、残念ながらヘルペスを完治させることはできないのです。バルトレックスの役割はウイルスを死滅させるのではなく、その増殖を抑えることになります。ですからウイルスが増殖してしまってから服用したのでは意味が無いのです。効果を最大限に活かしたいのであれば、症状がでたらすぐにバルトレックスを服用するようにしましょう。何度かヘルペスを経験したことのある人は、身体に前兆のような違和感を感じることも多いので、その時点で年のために服用しておくというのも有効な方法です。バルトレックスの服用量は、性器ヘルペスと口唇ヘルペスの場合は基本的に同じです。1錠500mgの薬を1日に2回服用します。食前でも食後でもかまいませんが、胃腸の荒れを防ぐためには食後に服用したほうが無難です。帯状疱疹の場合は症状が重くなりますので、服用量も多くなります。1回2錠を1日に3回に分けて服用するのが基本です。ただしバルトレックスにも副作用はあります。薬であるからには仕方のないことですが、下痢や吐き気、頭痛、強い眠気などが副作用として報告されています。あまりにひどい症状が現れた場合は、医師に相談してみたほうがいいでしょう。なお最近はインターネット上でも簡単に薬を購入することができますが、なかには悪質なサイトも存在しているので、その点についても注意が必要です。

▼バルトレックスに含まれている成分で再発防止とウィルスの増殖を抑止!
バラシクロビルで再発も抑制しましょう
▼ヘルペスにはバルトレックスがよく効きます!!
バルトレックスでヘルペスを治す!